簿記

【簿記3級】伝票の問題の解き方を分かりやすく解説

悩んでる人
悩んでる人
  • 入金、出金、振替伝票って何?
  • 伝票の問題をいつも間違える。

そんなお悩みを解決していきます。

  • 入金、出金、振替伝票について分かる。
  • 試験によく出る問題が解ける。
【簿記3級合格までのロードマップ】低能でも簿記2級を約1か月半で合格できた勉強法 そんな方は当サイトお使いください。 私は、もともと勉強する習慣がなく、簿記の学習を始めた時は「勉強のやり方」「集中の仕方」...
...

3伝票制とは?

3伝票制とは、簿記における伝票制の一種で、「入金伝票」「出金伝票」「振替伝票」の3つの伝票を使用して取引内容を扱う伝票制です。

仕訳帳の代わりにこの伝票を使用している企業も多く、簿記3級ではこの3伝票制が試験範囲となっております。

これらの伝票には、

  1. 入金伝票:入金の取引に使う
  2. 出金伝票:出金の取引で使う
  3. 振替伝票:入出金のない取引に使う

という役割があります。

では、1つ1つ解説していきます。

①入金伝票

入金伝票とは、あらかじめ借方に「現金」と書いてある伝票です。

入金伝票を用いる場合には、必ず借方に現金がくるということになります。

例えば…

商品50万円を現金販売した。

現金 500,000 売上 500,000

この場合、使う伝票は借方に現金と書いてある入金伝票になります。

②出金伝票

出金伝票とは、あらかじめ貸方に「現金」と書いてある伝票です。

出金伝票を用いる場合には必ず貸方に現金がきます。

例えば…

商品50万円現金で仕入れた。

仕入 500,000 現金 500,000

貸方に現金が来ているので、使う伝票は出金伝票になります。

③振替伝票

振替伝票は、現金取引以外の取引に使う伝票になります。

例えば…

商品50万円を掛けで仕入れた。

仕入 500,000 買掛金 500,000

この場合は現金取引ではないので、使う伝票は振替伝票になります。

伝票のよく出る問題

入金伝票、出金伝票、振替伝票の使い分けについて説明してきました。

試験ではこれらをミックスした問題が出題されます。

例えば…

商品50万円を仕入れ、代金のうち30万円は現金で支払い、残額は掛けで支払った。

ならば、仕訳は以下のようになります。

この場合、実はやり方が2つ存在します。

  1. 掛けと現金分けて考えるやり方。
  2. 掛けで払った後に、掛けを取り崩し現金を計上するやり方。

それぞれ見ていきましょう。

①掛けと現金分けて考える

皆さんが普通に思いつく仕訳は以下のような仕訳だと思います。

仕入 500,000 現金

買掛金

300,000

200,000

これを伝票へ記入するとこうなります。

②掛けで支払った後、現金に振り替えるやり方

2つ目のやり方は、先に掛けで払っておいて、あとで現金を支払うやり方です。

こちらはなかなか思いつく方は少ないと思います。

仕訳にするとこうなります。

仕入

買掛金

500,000

300,000

買掛金

現金

500,000

300,000

借方と貸方の買掛金は相殺され、結果分散して考えるやり方と同じになります。

試験ではどちらのパターンが出るか分かりませんので、どちらのパターンもできるようになりましょう。

まとめ

  • 3伝票制とは、「入金伝票」「出金伝票」「振替伝票」の3つを用いた伝票制である。
  • 入金伝票は、借方に「現金」と書いた伝票で、入金時に使う。
  • 出金伝票は、貸方に「現金」と書いた伝票で、出金時に使う。
  • 振替伝票は、現金取引がない場合に用いる伝票である。
  • 試験には、①掛けと現金を分けて考えるやり方
  • ②一度掛けで支払い、後から現金に振り替えるやり方の二種類でる。

投稿者プロフィール

はち
はち
勉強なんてしてこなかった低能社会人。どうやって勉強する習慣をつけれるようになったか、資格勉強(主に簿記)の情報を発信してます。勉強をしたことがないという方は参考にされてください。簿記2級取得者。
ABOUT ME
はち
勉強なんてしてこなかった低能社会人。どうやって勉強する習慣をつけれるようになったか、資格勉強(主に簿記)の情報を発信してます。勉強をしたことがないという方は参考にされてください。簿記2級取得者。