簿記

【簿記3級】小口現金と現金との違いは?仕訳方法も分かりやすく解説

悩んでる人
悩んでる人
  • 小口現金って何?
  • 現金との違いは?

そんな疑問を解決していきます。

  • 現金と小口現金の違いが分かる
  • 小口現金の仕訳が分かる
...

小口現金と現金との違いは?

小口現金とは、小口係に預けられた現金のことをいい、勘定科目は小口現金勘定になります。

現金と小口現金との違いですが、両者ともに貨幣そのものであり、性質上違いはありません。

しかし、それぞれ分けて管理するほうが現金の管理上都合がいいため、簿記では現金と小口現金は別々に処理することになっているのです。

現金、小口現金は管理上区別されているだけですので、期末では両者合算されます。

インプレッションシステムができた訳

通常企業では、安全管理のため現金を銀行に預金しておきます。

しかし、日々の支払いに備えて、ある程度現金を金庫に保管しておく必要があり、金庫に保管してある現金を、簿記上では現金勘定として処理します。

さらに、「従業員の旅費や交通費、消耗品などのさらに細かい支払いをその都度金庫を開けていては面倒」ということで、経理係とは別に小口係を配置し、日々の支払いを小口係に任せるシステム、定額資金前渡制度(インプレッションシステム)というものができたのです。

まとめると、

  • 安全管理のために現金を預金しておく→預金勘定
  • 日々の支払いのために金庫にも現金を保管→現金勘定
  • さらに細かい支払い→小口現金勘定

となります。

インプレッションシステムの流れ

  1. 経理係が、小口現金係に小切手で預けておきます。
  2. それを換金します。
  3. 日々の支払いをします。
  4. 週末に支払いの内容を経理係に小口現金出納帳という補助簿を使って報告します。

基本的には、使用した分を補給することになるのですが、補給のタイミングには2パターンあります。

補給のタイミング
  1. 当日補給(週末補給)→支払いを受けたその日に補給
  2. 翌日補給(翌週補給)→翌営業日の開始時に補給

では、例題を見ながら覚えていきましょう。

現金を当日に補給する場合の仕訳

6/1→当社では、インプレッションシステムを採用することとし、小口係に1週間分の小口資金¥70,000の小切手を渡した。

小口現金 70,000 当座預金 70,000

×1年6/5→小口係より、1週間分の支払いの報告を次のように受け、小切手を振り出して補給した。通信費¥27,000、旅費交通費¥15,000、消耗品¥19,000、雑費¥3,500

通信費

旅費交通費

消耗品費

雑費

小口現金

27,000

15,000

19,000

3,500

64,500

小口現金

当座預金

64,500

64,500

※借方と貸方に同じ勘定科目があるので相殺します。

現金を翌営業日に補給の例

×1年6/1→当社では定額資金前渡制度(インプレッションシステム)を採用することとし、小口係に1週間分の小口資金¥40,000の小切手を渡した。

小口現金 40,000 当座預金 40,000

×1年6/5→小口係より、1週間の支払いの報告を次のように受けた。通信費¥12,000、水道光熱費¥7,000、旅費交通費¥13,500、雑費6,200

通信費

水道光熱費

旅費交通費

雑費

12,000

7,000

13,500

6,200

小口現金 38,700

×1年6/8→小口係に小口現金補給のため、小切手を渡した。

小口現金 38,700 当座預金 38,700

 

投稿者プロフィール

はち
はち
勉強なんてしてこなかった低能社会人。どうやって勉強する習慣をつけれるようになったか、資格勉強(主に簿記)の情報を発信してます。勉強をしたことがないという方は参考にされてください。簿記2級取得者。
ABOUT ME
はち
勉強なんてしてこなかった低能社会人。どうやって勉強する習慣をつけれるようになったか、資格勉強(主に簿記)の情報を発信してます。勉強をしたことがないという方は参考にされてください。簿記2級取得者。