簿記

【簿記3級】無料問題集!第1問目の仕訳問題を極めよう

  • 仕訳ミスが多い…
  • 仕訳力つけたい!

そんな方は是非この記事をお使いください。

  • 簿記3級の試験第1問に強くなる
  • 第二問、第三問の応用問題の土台ができる
【簿記3級】仕訳と転記の違いとは?コツを覚えたら簡単! そんな疑問を解決していこうと思います。 こちらの記事は3級のみの解説となっておりますので、簿記を始めたばかりの方にとって見...

仕訳開始(レベル1)

先日末に1,200,000円の土地を1,500,000円で売却していたが、本日全額が当社の普通預金口座に振り込まれた。

解答解説
普通預金 1,500,000 未収入金 1,500,000

売却時に1,500,000円を未収入金で処理していたので、それを取り崩し、普通預金を増加させます。

買掛金540,000円の支払いとして小切手を振り出した。

解答解説
買掛金 540,000 当座預金 540,000

「小切手を振り出した」場合は、当座預金の減少なので、貸方当座預金です。

※小切手を受け取った場合は現金処理。

【簿記3級】普通預金、定期預金、当座預金の仕訳と解説https://www.ukkari-aha.com/overdraft-bookkeeping-journal/ https:/...

かねて販売した商品28,000円の返品を受けたため、掛代金から差し引くこととした。

解答解説
売上 28,000 売掛金 28,000

かねて(以前)販売していた商品28,000円ということは、

借方が売掛金〇〇円、貸方は売上〇〇円となっていたはず。

「返品された」とあるので、逆仕訳をすればいいというわけです。

前期に貸し倒れとして処理していた売掛金160,000円のうち、35,000円回収され、当座預金に振り込まれた。

解答解説
当座預金 35,000 償却債権取立益 35,000

前期に貸し倒れた債権が回収できた時は、償却債権取立益勘定を使います。

【簿記3級】償却債権取立益の処理の仕方 そんな疑問を解決していきます。 償却債権取立益の処理方法が分かる 貸し倒れた売掛金の回収...

商品250,000円を注文し、手付金として85,000円の小切手を振り出した。

解答解説
前払金 85,000 当座預金 85,000

注文した時の手付金は、前払金勘定を使います。

【簿記3級】立替金、仮払金、前払費用、前払金の違い そんな疑問を抱く方は多いと思います。 「こんな疑問考えもしなかった」という人も、「改めて問われると説明できないな」と思うか...

仕訳開始(レベル2)

事業活動で利用する交通機関の料金支払い用ICカードに現金60,000円チャージ(入金)し、領収書の発行を受けた。なお、当社では入金時に全額費用計上する方法で処理している。

解答解説
旅費交通費 60,000 現金 60,000
  1. 「入金時に費用計上する方法で処理」とあるので旅費交通費で処理します。※「入金時に費用処理」でない場合は、仮払金で処理する場合もあります。問題文に従って答えましょう。

得意先が倒産したため、当期に発生した売掛金6,000円と、前期に貸し倒れた売掛金13,000円が貸し倒れとなった。貸倒引当金残高は14,000円である。

解答解説
貸倒損失

貸倒引当金

6,000

13,000

売掛金 19,000
  1. 貸し倒れた分の売掛金を取り崩します。
  2. 当期に貸し倒れた6,000円は、貸倒引当金の設定をしていないため、貸倒損失で処理します。
  3. 前期に貸し倒れた分は、貸倒引当金から充当します。
【簿記3級】債権の貸し倒れと貸倒引当金の設定 そんな疑問を解決しています。 貸倒損失の処理の仕方が分かる 貸倒引当金の設定の仕方が分かる ...

決算日に売上勘定の貸方残高4,500,000円を、損益勘定に振り替えた。

解答解説
売上 4,500,000 損益 4,500,000

決算日にp/l科目を損益勘定に振り替える処理をします。

貸方にあった売上を損益勘定に振り替えます。

【簿記3級】損益振替と資本振替を分かりやすく解決 そんなお悩みを解決していきます。 損益振替について分かる https://www.ukkari-aha....

建物の修繕を行い、代金300,000円は翌月末に支払うこととした。このうち120,000円は建物の耐震構造を強化する効果があり、機能が向上して価値が増加したものと認められた。残りは現状維持のための修繕であった。

解答解説
建物

修繕費

120,000

180,000

未払金 300,000
  1. 「代金は翌月末に払う」ということは貸方に未払金300,000円がきます。
  2. 「建物の価値が上がった」(資本的支出)とあるので借方に建物120,000円。
  3. 「現状維持のための修繕」(収益的支出)とあるので残り180,000円は修繕費になります。

商品60,000円の注文を受け、手付金として現金15,000円を受け取った。

解答解説
現金 15,000 前受金 15,000
  1. 現金15,000円を受け取ったので借方現金15,000円。
  2. 手付金を受け取った場合は前受金勘定(負債)で処理します。

仕訳開始(レベル3)

商品を2,000,000円で購入し、10%の消費税を含めて掛けとした。(税抜き方式)

解答解説
売掛金 2,200,000 売上

仮受消費税

2,000,000

200,000

  1. 商品2,000,000円を販売したので、貸方「売上」2,000,000円
  2. 消費税10%を受け取ったので、貸方「仮受消費税」200,000円
  3. 掛け販売なので、借方売掛金2,200,000円
【簿記3級】税金(消費税、法人税、固定資産税)の処理を分かりやすく解説 そんな疑問を解決していきます。 税金の仕訳が分かる 税金の種類が分かる https://www.u...

商品500,000円をクレジット払いの条件で販売するとともに、信販会社へのクレジット手数料(販売代金の3%)を計上します。

解答解説
クレジット売掛金

支払手数料

485,000

15,000

売上 500,000
  1. 500,000円を売り上げたので貸方、売上500,000円。
  2. 支払手数料を差し引いた額をクレジット売掛金で処理。
【簿記3級】クレジット売掛金と売掛金、買掛金の違いは? そんな疑問を解決していこうと思います。 クレジット売掛金と手数料の処理の仕方が分かる 売掛金との違いが分かる...

決算に当たり商品以外の物品の調査をしたところ、購入時に費用処理したハガキ(73円)が139枚、84円切手が80枚、収入印紙(190円)が45枚未使用であることが判明したため、適切な勘定へ振り替える。

解答解説
貯蔵品 25,417 租税公課

通信費

8,550

16,867

  1. ハガキと切手は通信費で、未使用なので費用処理を取り消します。
  2. 収入印紙は租税公課で、未使用なので費用処理を取り消します。
  3. ①②を貯蔵品(資産)に振り替えます。
【簿記3級】貯蔵品の決算整理仕訳と再振替仕訳について解説 そんな疑問を解決していきます。 貯蔵品の決算振替と再振替仕訳について分かる。 貯蔵品とは価値あるもの ...

銀行から3,000,000円借り入れ、同額の約束手形を振り出し、利息90,000円を差し引かれた残額が当座預金に振り込まれた。

解答解説
当座預金

支払利息

2,910,000

90,000

手形借入金 3,000,000
【簿記3級】借入金と貸付金の仕訳を分かりやすく解説 そんな疑問を解決していこうと思います。 借入金、貸付金の処理が分かる 手形貸付金、手形借入金との違いが分かる...

商品運搬用のトラック5台@600,000円を購入し、代金のうち半分は小切手で支払い、残額は翌月末に支払うこととした。なお、購入の際にかかる手数料は230,000円は現金で支払った。

解答解説
車両運搬具 3,230,000 当座預金

未払金

現金

1,500,000

1,500,000

230,000

  1. 車両運搬具の取得原価は600,000円×5台=3,000,000+支払手数料230,000円(有形固定資産の取得時は手数料なども含める)
  2. 3,000,000の半分は当座預金で支払い、残額は未払い金で処理。
  3. 手数料230,000円は現金で支払ったので貸方現金230,000円。
【簿記3級】有形固定資産の減価償却費の算出方法 そんな疑問や流れを解説していきます。 固定資産の取得時、売却時、の仕訳が分かる 決算時の減価償却の処理の仕方...

仕訳開始(レベル4)

新店舗を開設する目的で、土地850㎡を、1㎡あたり45,000円で購入した。購入手数料430,000円は普通預金から仲介業者に支払い、土地代金は月末に支払うことにした。

解答解説
土地 38,680,000 普通預金

未払金

430,000

38,250,000

×5年4/1に利率年2%、利息は満期日(×6年3/31)に受け取る条件で預け入れた1年ものの定期預金200,000円について、本日満期となったので、元金と利息の合計を普通預金口座に預け入れた。

解答解説
普通預金 204,000 定期預金

受取利息

200,000

4,000

  1. 定期預金が満期になったので200,000円取り崩します。
  2. 200,000円の2%の4,000円を受取利息とします。
  3. 利息含めて普通預金に預けいるので、借方普通預金204,000円となります。

建物(取得原価500,000、残存価額0、耐用年数5年)を3年使用してきたが、4年目の期首に100,000円で売却し、代金は後日受け取ることになっている。減価償却は定額法、間接法を用いている。

解答解説
建物減価償却累計額

未収入金

固定資産売却損

300,000

100,000

100,000

建物 500,000
  1. 建物を取得した時、借方に建物500,000円計上されています。
  2. 1年に減価償却100,000円(500,000円÷5年)を計上します。減価償却は3年行っているため、減価償却累計額は300,000円になっているはずです。
  3. 売却したら逆仕訳をして、「代金は後日受取る」とあるので、未収入金100,000円を借方に計上し、貸借差額で固定資産売却損を計上します。※借方が多ければ貸方に固定資産売却益を計上

従業員が出張から戻り、旅費の精算を行ったところ、あらかじめ概算払いしていた40,000円では足りず、不足額12,000円を従業員が立て替え払いしていた。なお、この不足額は次の給料支払い時に従業員へ支払うため、未払金として処理していた。

解答解説
旅費交通費 52,000 仮払金

未払金

40,000

12,000

  1. 概算払い=仮払金(資産)で処理していた。←これを取り崩します。
  2. 旅費交通費は従業員が追加で支払っていた12,000円と仮払金を合わせて52,000円になります。
  3. 12,000円は給料支払い時に支払うので未払金で処理します。

今月分の従業員に対する給料2,400,000円を所得税の源泉徴収分98,000円および健康保険、厚生年金、雇用保険の保険料合計155,000円を控除し、各従業員の指定する口座へ、当社の普通預金から支払った。

解答解説
給料 2,400,000 所得税預り金

社会保険料預り金

普通預金

98,000

155,000

2,147,000

  1. 所得税の源泉徴収分が98,000円→貸方、所得税預り金98,000
  2. 健康保険、厚生年金、雇用保険料155,000円→貸方、社会保険料預り金155,000円
  3. 普通預金から支払ったので普通預金の減少
  4. 給料(費用)の発生→借方、給料2,400,000円

仕訳開始(レベル5)

×19年10/1に取得した備品(取得原価:900,000円、残存価額0、耐用年数:5年、定額法により償却、間接法により記帳)が不要になったため、×21年7/31に200,000円で売却し、代金については翌月に受け取ることにした。なお、決算日は3/31とし、減価償却費は月割りで計算すること。

解答解説
減価償却累計額

減価償却費

未収入金

固定資産売却損

270,000

60,000

200,000

370,000

備品 900,000

現金の帳簿有高が実際有高より30,000円少なかったため、現金過不足で処理していたが、決算日において、受取利息55,000円と通信費15,000円の記入漏れが判明した。残額は原因が不明であったため雑益または雑損で処理する。

解答解説
通信費

現金過不足

雑損

15,000

30,000

10,000

受取利息 55,000
  1. 帳簿が少ない=現金過不足は貸方に計上されている。←これを取り崩す仕訳をします。
  2. 記入漏れの通信費と受取利息勘定を計上します。
  3. 貸借差額で借方が少ないので、雑損10,000円とします。
【簿記3級】現金と現金過不足の仕訳を解説簿記上の現金 現金勘定は資産なので増加すれば借方、減少すれば貸方に記入します。 現金勘定で処理するものは以下の2つです。 ...

小口現金係から、次のような支払いを受けたため、ただちに小切手を振り出して資金を補給した。なお、当社では、定額資金前渡制度(インプレッションシステム)により、小口現金係から毎週金曜日に一週間の支払い報告を受け、これに基ずいて資金を補給している。通信費:5,500円、消耗品:4,200円、雑費:1,200円

解答解説
通信費

消耗品

雑費

5,500

4,200

1,200¥

当座預金 10,900
  1. 「通信費:5,500円、消耗品:4,200円、雑費:1,200円」との報告を受けたので計上します。
  2. 「ただちに補給した」場合、補給時の仕訳と報告時の仕訳が合算されますので、小口現金は相殺されて貸方当座預金とします。
【簿記3級】小口現金と現金との違いは?仕訳方法も分かりやすく解説 そんな疑問を解決していきます。 現金と小口現金の違いが分かる 小口現金の仕訳が分かる https:...

月末に金庫を実査したところ、紙幣120,000円、硬貨6,900円、得意先振出の小切手13,000円、約束手形24,000円、郵便切手2,000円が保管されていたが、現金出納帳の残高は142,000円であった。不一致の原因を調べたが原因は判明しなかったので、現金過不足勘定として処理した。

解答解説
現金過不足 2,100 現金 2,100

株主総会で繰越利益剰余金2,500,000円の一部を次の通り処分することが承認された。株主配当金:450,000円、利益準備金の積み立て:45,000円

解答解説
繰越利益剰余金 495,000 未払配当金

利益準備金

450,000

45,000

投稿者プロフィール

はち
はち
勉強なんてしてこなかった低能社会人。どうやって勉強する習慣をつけれるようになったか、資格勉強(主に簿記)の情報を発信してます。勉強をしたことがないという方は参考にされてください。簿記2級取得者。
ABOUT ME
はち
勉強なんてしてこなかった低能社会人。どうやって勉強する習慣をつけれるようになったか、資格勉強(主に簿記)の情報を発信してます。勉強をしたことがないという方は参考にされてください。簿記2級取得者。