簿記

【簿記3級】現金と現金過不足の仕訳を解説

簿記上の現金

現金勘定は資産なので増加すれば借方、減少すれば貸方に記入します。

現金勘定で処理するものは以下の2つです。

簿記上の現金
  1. 通貨(紙幣および硬貨)
  2. 通貨代用証券(いつでも換金可能であり、支払い手段として用いることができるもの)

通貨とは?

通貨とは普段皆さんが使っている紙幣や硬貨のことです。

商品を買ったりして、通貨を使って取引を行ったら現金勘定で処理します。

まずは①の通貨の増減による取引の仕訳の例を見ていきましょう。

受取手数料¥20,000を現金で受け取った。

現金 20,000 受取手数料 20,000

現金(資産)が増加したので借方現金20,000、受取手数料(収益)が発生したので貸方受取手数料20,000となります。

商品¥30,000を仕入れ、代金は現金で支払った。

仕入 30,000 現金 30,000

商品を仕入れた(費用)ので借方仕入30,000、現金(現金)で支払ったので貸方現金30,000となります。

通貨代用証券とは?

通貨以外にも通貨代用証券というものが現金勘定で処理されます。

通貨代用証券の例
  • 他人振出小切手
  • 送金小切手
  • 郵便為替証書
▼小切手とは

小切手とは、当座預金小切手や手形の振出を行うことのできる無利息の預金)から引出を行うために振り出す証券のことです。

図のように、A社はB社から小切手を受け取った場合、現金勘定で処理します。

商品¥70,000を販売し、代金は先方振出の小切手で受け取った。

現金 70,000 売上 70,000

商品を¥70,000で売り上げたので貸方売上70,000、他社振出の小切手を受け取ったので現金勘定で処理となるので、借方現金70,000となります。

受取手数料¥70,000につき、送金小切手で受け取った。

現金 60,000 受取手数料 60,000

現金過不足とは?

現金の実際有高は毎日調べます。

帳簿残高と照合し、両者が一致していれば問題がないのですが、不一致の場合があります。

不一致の場合には、帳簿残高を実際有高に近づける処理をしなければなりません。

それがすぐに判明しない場合があるので、その場合は現金過不足勘定として処理しておき、後日調査します。

現金過不足の処理は以下の時に行います。

現金過不足はこんな時に使う
  1. 現金過不足の発生時
  2. 原因判明時
  3. 原因過不足のまま決算を迎えたとき

現金過不足の発生時の仕訳

帳簿残高を実際残高に合わせる処理を行います。

勘定科目は一時的に現金勘定を用いります。

2/28→現金の実際有高は¥30,000、帳簿残高は¥40,000であった。

現金過不足 10,000 現金 10,000

帳簿残高が実際有高より¥10,000多いので、帳簿残高を減らす処理をします。

貸方現金10,000、相手勘定は現金過不足になります。

現金過不足の原因判明時。

現金過不足勘定の残高を取り崩すとともに、原因となっていた本来の勘定による処理を行います。

3/16→2/28の不一致のうち¥6,500は支払家賃の記入漏れであった。

支払家賃 6,500 現金過不足 6,500

記入漏れであった支払家賃を計上し、その分現金過不足を取り崩します。

最後に現金過不足が原因不明なまま決算を迎えた時

雑損、雑益勘定によって処理します。

雑損、雑益とは、なぜか分からないけど現金が増減していたものです。

現金過不足勘定を取り崩し、雑損、雑益勘定に振り替える処理をします。

3/31→本日決算日。不一致のうち残高は不明なままだったので雑損、雑益として処理する。

雑損 3,500 現金過不足 3,500

帳簿残高が実際有高より¥3,500多い状態なので、借方現金過不足¥3,500、貸方現金¥3,500になります。

なので、現金過不足¥3,500分を雑損(費用)によって処理します。

現金過不足が貸方になっていれば、雑益によって処理します。

投稿者プロフィール

はち
はち
勉強なんてしてこなかった低能社会人。どうやって勉強する習慣をつけれるようになったか、資格勉強(主に簿記)の情報を発信してます。勉強をしたことがないという方は参考にされてください。簿記2級取得者。
ABOUT ME
はち
勉強なんてしてこなかった低能社会人。どうやって勉強する習慣をつけれるようになったか、資格勉強(主に簿記)の情報を発信してます。勉強をしたことがないという方は参考にされてください。簿記2級取得者。