簿記

【簿記3級】損益振替と資本振替を分かりやすく解決

悩んでる人
悩んでる人
  • 損益振替が分からない

そんなお悩みを解決していきます。

  • 損益振替について分かる
【簿記3級合格までのロードマップ】低能でも簿記2級を約1か月半で合格できた勉強法 そんな方は当サイトお使いください。 私は、もともと勉強する習慣がなく、簿記の学習を始めた時は「勉強のやり方」「集中の仕方」...
...

損益振替

損益振替とは一言で言うと、PL科目を0にし、集計するための仕訳です。

期中には膨大な数の取引が行われるため、期末では費用と収益を集計しなければなりません。

▼期中
仕入(費用) 100 買掛金 100
売掛金 300 売上 300
▼期末
損益

売上

100

300

仕入(費用)

損益

100

300

↓相殺↓

損益 200

全ての費用と収益を損益の勘定に振り替え、次期に持ち越さないように「0」にし、当期の利益がどのくらいあるのかを算出することができるのです。

上の仕訳では、損益振替をして相殺していくと、貸方損益200になることが分かります。この会社は1年で200円儲かったということです。

もしここで借方に「損益200」が来た場合、200円の赤字ということになるのです。

ちなみに、ここで算出された損益の値は、「税引前の当期純利益」の値です。

損益勘定を繰越利益剰余金に振り替える

上記のように収益と費用を集計して損益勘定に振り替えたら、今度は損益勘定を繰越利益剰余金勘定に振り替えます。

損益 200 繰越利益剰余金 200

翌期の期末時にも、収益と費用を集計し、損益勘定→繰越利益剰余金という流れで振り替えていきます。

繰越利益剰余金は、こうして毎年毎年振り替えられ、以下のように累積していきます。

▼×1年決算
損益 200 繰越利益剰余金 200
▼×2年決算
損益 300 繰越利益剰余金 300
▼×3年決算
損益 500 繰越利益剰余金 500

\×4年期首の繰越利益剰余金は1,000円!/

損益を繰越利益剰余金に振り替えるときのポイント

上記のように損益振替をして、繰越利益剰余金が貸方(貸方に損益勘定)がきた場合、収益が多いことになるので1年の経営成績はプラスになったということになります。

つまり当期純利益です。

▼当期純利益
損益

売上

100

300

仕入

損益

100

300

損益 200 繰越利益剰余金 200

反対に、費用が収益を上回った場合、経営成績はマイナスだったということなので、繰越利益剰余金は借方にきます。

つまり、当期純損失です。

▼当期純損失
損益

売上

300

100

仕入

損益

300

100

繰越利益剰余金 200 損益 200

このように、どちらに繰越利益剰余金がきたかによって「当期純利益」か「当期純損失」か判断できるので、しっかり見ておきましょう。

純資産と決算整理仕訳:まとめ

  • 繰越利益剰余金→損益勘定から振り替えられ、毎年累計していく。
  • 損益→決算時に、収益と費用を損益勘定に振り替え、PL科目を0にする目的で使われる勘定科目。

投稿者プロフィール

はち
はち
勉強なんてしてこなかった低能社会人。どうやって勉強する習慣をつけれるようになったか、資格勉強(主に簿記)の情報を発信してます。勉強をしたことがないという方は参考にされてください。簿記2級取得者。
ABOUT ME
はち
勉強なんてしてこなかった低能社会人。どうやって勉強する習慣をつけれるようになったか、資格勉強(主に簿記)の情報を発信してます。勉強をしたことがないという方は参考にされてください。簿記2級取得者。